「私もそう思う」と同意する時にthinkは使わない

英語 そう思う

最終更新日

日本語の「思う」という動詞は、とても広い用途で使われる単語です。それらのすべてをthinkという単語に置き換えると語弊が出てしまいます。

例えば、会議で相手の意見に同意して「私もそう思います」とよく言いますよね。英語でどう表現しますか?

 I think so too.

これでも間違ってはいませんが、自分の意見を述べるにはちょっと弱い感じがします。相手への同意を示す時は以下のような表現が適切です。

同意の表現集

1) I agree with you.
 (私もあなたに同意します)

1)のように「同意する、賛成する」を意味するagreeを使います。このagreeが日本人にはなかなか出てこないんです。思う=thinkと考えてしまうからなんですね。

2) I agree with you that we should do the marketing research first.
 (最初に市場調査をやるというあなたの意見に賛成です)

2)のようにagree with A that(文)で「(文)~というAに同意する」になります。withの後にはyou、her、everyoneといった人や、your idea(あなたの案)やthe policy(方針)という無形名詞が来て、that以下のセンテンスが同意している内容となります。

ほかにも、口語で以下のような表現があります。会議でよく使われるフレーズですね。

3) I’m with you.
 (私も同感です)

4) Who’s with me?
 (私に賛成の人は誰?)

5) We are on the same page.
 (私たちの意見は同じです)

thinkはむしろ、ちょっと自信がない時などにI think so.(たぶんね)くらいの感覚で使われ、同意する意味での「そう思う」とは違うことを覚えておいて下さい。

アメリカ発 ビジネス現場の英語 プロフェッショナル編より転載
~Cimplex Marketing Group, Inc.について~
当社は日本企業のアメリカ市場開拓を支援するマーケティングリサーチの会社です。

ロサンゼルスと東京に拠点を置き、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ヒューストン、ワシントンDC、カナダをはじめとするネットワークによって、北米規模でのプロジェクト実施を可能にしています。

主要サービスは市場調査販売促進法人設立で、進出の基盤づくりから販路の拡大、プロモーション、商品開発、ブランディングに至るまで、アメリカにおける事業展開を戦略的にサポートできるユニークな存在です。

アメリカで“売る”ことをお考えでしたら、tokyo あっと cimplexusa.com(あっとを@に変更)にお問い合わせ下さい。

Leave a Reply