RESEARCH SERVICE

調査サービス

ロサンゼルスに拠点を置く Cimplex Marketing Group は、アメリカ市場における戦略立案や
商品開発の判断材料となる各種リサーチサービスを提供しています。

消費者や専門家の声をダイレクトに聞き、
科学的に分析するマーケティングリサーチを得意としています。

調査の種類

Types of Service

定性調査

Qualitative Research

ターゲットの意見を深く、丁寧に聞く調査です。グループおよび個別のインタビュー、商品テスト、家庭訪問など多様な手法を使います。オンラインツールを駆使した調査を2017年より行っています。

サービスの詳細

定量調査

Quantitative Research

多数から回答を得ることで傾向や特徴を検証する調査です。オンラインプラットフォームを使ったアンケートを実施します。集計、分析、提案まで、日英バイリンガルのスタッフが対応します。

サービスの詳細

業界/競合調査

Market Research

デスクリサーチとフィールドリサーチによって、特定の業界や企業に関する情報をあらゆる角度から収集します。さらにアメリカ市場全体を俯瞰する調査、アメリカに輸入される商品の個別記録を調べるサービスも提供しています。

サービスの詳細

専門家調査

B2B Research

業界の有識者や企業ユーザーにヒヤリングを行います。業界の洞察を深めたい、競合の動向を知りたい、エンドユーザーの意見を聞きたい、潜在顧客の需要を知りたいなど、企業間取引に関わる調査ニーズにお応えします。

サービスの詳細

American Voice

自社管理の調査パネル

Cimplex Marketing Groupは独自に管理する消費者パネルを保有しています。
2021年3月現在、全米から約20,000人の登録があり、下記のような日本企業がターゲットにしたい層が多く含まれます。

アジア系アメリカ人

アジア系アメリカ人

人口2000万人で総人口の6%、増加率が最速の人種グループ。教育水準、世帯年収、平均寿命が人種別でトップ。推定購買力は7200億ドル(86兆円)。外国生まれが6割と移民が多く、母国の影響を受けやすい。多くの日本製品・サービスが、アメリカ市場で最初に狙うターゲット層。

アメリカ若年層

若年層

18~34歳の若いグループで、人口は7600万人、総人口の25%を占める。世代はミレニアルズとZにまたがる。白人と非白人の割合がほぼ半々、文化の多様性に価値を置いている層。新しいものにオープンで、デジタルでの情報収集が得意。

サービスに関するご質問は以下からお気軽にお問い合わせ下さい